英文维基 | 中文维基 | 日文维基

草榴社区 | 妖娆社区 | 激情小说 | 激情视频 | 色小鬼影视

Wikipedia:秀逸な記事の選考

半永久的に半保護されているページ

秀逸な記事の選考秀逸な記事に掲載するのにふさわしい記事であるか選考する場です。ウィキペディアの百科事典としての価値を高めることを目的としています。優れた記事の推薦と、それらの査読と批評を歓迎します。

可否は投票によって決定されます。投票または推薦の前にルールに一通り目を通すようお願いします。コメントは記事そのものの質について行って下さい。ルールについてのご意見はこのページのノートにどうぞ。


選考ルール

秀逸な記事の目安

以下に秀逸な記事の目安を挙げます。「秀逸な記事」への推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

  1. 高い完成度で文章や構成がよくまとめられている。(可能なら)図や画像や表なども使われ、説明を補助している。
  2. 詳しくない読者にもその主題について理解できるように、わかりやすく書かれている。ただし、高度に専門的な主題を扱ったものであれば、関連記事を読んで理解していることを前提にするのは問題ない。
  3. 必ず説明されるべき点から主な関連事項までが含まれ、内容が充実している。ただし、どこまでを含むかは他の記事との連携・分担関係にもよる。
  4. 専門的な資料から関連資料に至るまで、主題についてよく調査されている
  5. 観点の中立性が保たれている
  6. 必要な出典が記事全体を通して十分に挙げられており、個々の記述の根拠が脚注や本文中で明らかにされている。特に、肯定的・否定的・主観的な表現については出典が付けられていることが望ましい。
  7. 以上の点が全て満たされている。

他にWikipedia:素晴らしい記事を書くにはWikipedia:完璧な記事も参考になるでしょう。

推薦の仕方

素晴らしい記事を書き上げたり見つけたりしたら、「秀逸な記事の目安」に照らし合わせながら、もう一度じっくりと全文を読み直してみて下さい。その上で十分に秀逸であると思ったならばこのページで推薦して下さい。査読依頼で他の人の意見や評価を受け、それらを内容に反映させてから推薦するとより良いでしょう。まだ「秀逸レベル」ではないけれど、みんなに見てもらいたい、という場合は良質な記事の選考に提出すると良いでしょう。

ユーザー登録しており、かつ以下の条件を満たす利用者が推薦できます。

  1. 初めて編集した時から1か月以上を経過していること 
  2. その間、標準名前空間(記事名前空間)の編集回数が50回以上あること 

自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。

1人の利用者が同時期に推薦できる記事数は3つまでです。これは「秀逸な記事の選考」のページに同一人物の推薦した記事が4つ以上あってはならないことを意味します。推薦したい記事が4つ以上ある場合は、まず3つを推薦し、いずれかの選考が終了した時点で、4つ目以降の推薦を順次行ってください。


投稿の仕方はまず、上記のボックスに記事名を入力して(末尾の日付は推薦した年月日であり、そのままにしてください)、「選考ページを作成」のボタンをクリックします。すると、ページ作成画面が選考ページのひな型つきでロードされるので、そのひな型を編集して投稿してください。推薦理由にはなぜその記事を推薦するのか、客観的かつ簡潔に書いて下さい。選考ページのひな形は下記の通り。

=== {{Page|選考対象記事名}} ===
'''賛成/条件付賛成/保留/反対 0/0/0/0''' この項目の選考期間は、{{subst:#time:Y年n月j日 (D) H:i|+3months}} (UTC)('''{{subst:#time:Y年n月j日 (D) H:i|+3months+9hours}} (JST)''')までです。
*(推薦)推薦理由を記述。--~~~~

サブページを作成したら、この選考をより多くの人に知ってもらうために、以下の三点を行ってください。

  1. 下の「選考中の記事」リストの一番上に{{Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考対象記事名_yyyymmdd}}を追加して、選考サブページを読み込むようにします。
  2. Template:選考中の記事・画像一覧の選考中の記事リストに追加。
  3. 選考対象記事のノートページに{{秀逸候補}}を貼付。

投票の仕方

投票権があるのは、選考開始時点でその選考の記事推薦資格を満たしている登録利用者です。ただし、推薦者は自分が推薦した記事の選考には投票できません不適切な多重アカウントは投票できません

投票権があれば編集に関わった人でも投票できます。投票権のないユーザーの投票はコメントとして扱われます。不適切な多重アカウント・ブロック逃れについては投票・コメントとも無効とされ、除去されます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

なお、以下の説明における票の無効化選考期間の延長早期終了選考終了などの各種手続を実行できるのは記事推薦資格者のみです。

コメントの際には以下の形式を用いて下さい。

  1. *(賛成): 《的確なコメント》~~~~ - 現状で問題ないとき。ただし全文をよく読んだ上で投票すること。
  2. *(条件付賛成): 《的確なコメント》~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。
  3. *(保留): 《的確なコメント》~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。
  4. *(反対): 《的確なコメント》~~~~ - 決定的な問題があるとき。
  5. *(その他):《的確なコメント》~~~~ - その他秀逸な記事の選考に関するコメントを行うとき。

投票・コメントの際は署名を忘れずに。条件付賛成・保留・反対票を投じる際は、執筆者に改善方法が伝わるように、できるだけ具体的な問題点を指摘してください。賛成の場合も他人が納得するであろう評価をしてください。投票には好みや主義、執筆者・推薦者に対する意見、副次的な影響等を含めないでください。記事*そのもの*に対する客観的な意見をお願いします。詳しいコメントや議論は当該記事のノートで行って下さい。コメントした人はできるだけ議論に参加し、意思表示をすることが望まれます。なお、意見を変更する場合は、削除ではなく <del> ... </del> を使って訂正してください。

秀逸な記事にふさわしいかどうかは上の「秀逸な記事の目安」が判断の手助けとなるでしょう。あなたがその記事の専門家なら是非意見を書いていって下さい。あなたの意見でその記事がより良いものになるはずです。そして、できることなら記事の編集に参加してみてください。

票の無効化

他の利用者によって異議申立てがなされ、合意によって票を無効とすることがあります。

  • 条件付賛成、保留、反対票は、票を投じた利用者が受け入れなくとも、他の参加者が「挙げられた問題点が十分改善された、または対応が不要である」と合意した場合は無効とされます。
  • 賛成票も、票を投じた利用者が受け入れなくとも、他の参加者が「不適当な理由による賛成票」と合意した場合は無効とされます。
  • 無効に賛成するのが異議申立て者のみであっても、2週間以内に返答がないときは合意がされたとみなすこともできます。
  • いずれの場合でも十分に客観的な意見を述べるようにしてください。

選出基準

「賛成票が3票以上」かつ「賛成票が全体票数の3/4以上(75%以上)」の状態(以下、選出条件と呼ぶ)が1週間継続した場合、選考通過となります。ただし、この1週間の間に賛成票への異議申立てがあった場合には、

  • 申立てから2週間以内にその賛成票を無効とする合意が形成されれば、票を無効として選考を継続します。
  • 申立てから2週間以内に合意が形成されなければ、票を有効として選考通過となります。
  • ただし、票の無効・有効の決定に関わらず、新たな投票や既存票の変更がなされ、これらに対し異議申し立てなく選出条件が1週間継続すれば、その時点で選考通過で終了となります。

全体票数とは賛成票・条件付賛成票・保留票・反対票を合わせた総数のことで、その他・コメントなどは除きます。選出条件を満たした時点で、期限まで1週間を切っていた場合については#選考期限と延長を参照ください。

選考期限と延長

基本的な選考期間は最大3か月です。以下の条件に該当する場合は、選考期間を3か月から延長します。

  1. 「推薦から3か月」の期限まで残り1週間を切ってから賛成票が投じられ、選出条件を満たした場合、全ての賛成票に異議申立て期間を与えるために最後の賛成票が投じられた時点から1週間後まで延長します。
    • 延長中に賛成票への異議申立てがなければ選考通過とします。
    • 申立てがあった場合は、#選出基準に示された規定に従って申立てからさらに2週間延長して、票を無効とするか有効とするか合意によって決定します。
    • 推薦から3か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。
  2. 「推薦から3か月」の期限まで残り2週間を切ってから条件付賛成票・保留票・反対票が投じられ、選出条件を満たさなくなった場合、または、「推薦から3か月」の期限まで残り2週間を切ってから、条件付賛成票・保留票・反対票の投票内容について質問(またはそれに対する回答)があった場合、反対意見に対応するための期間として選考を1か月延長します。
    • 推薦から3か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。
    • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから賛成票への変更が行われ、選出条件を満たした場合、上記の1と同じように再延長します。
  3. 「推薦から3か月」が経過した時点で、賛成票が1票以上で、かつ他の票がない場合、選考期間を1か月延長します。
    • 以下の3項目の実施を行ってください。
    • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから賛成票が投じられ、選出条件を満たした場合、上記の1と同じように再延長します。
    • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから条件付賛成票・保留票・反対票が投じられ、選出条件を満たさなくなった場合、上記の1と同じ理由にもとづいて、最後の条件付賛成票・保留票・反対票が投じられた時点から1週間後まで延長します。
      • 延長中に条件付賛成票・保留票・反対票への異議申立てがなければ選考不通過で終了となります。
      • 申立てがあった場合は、申立てからさらに2週間延長して、票を無効とするか有効とするか合意によって決定します。
      • 推薦から4か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。

早期終了

下記の条件を満たすとき、選考終了予定日を待たずに選考は早期に終了されます。注意:賛成票に条件付賛成票や保留票は含まれません。

  • 反対票のみが3票以上集まり、その状態が1週間継続した場合。現時点では通過の見込みがないものとして選考終了となります。
  • 賛成票がない状態で、推薦者が取り下げ意思を示した場合。取り下げとして選考終了となります。
  • 推薦者が不正な多重アカウントとして無期限投稿ブロックを受け、他利用者による有効な賛成票がない場合。推薦無効として選考終了となります。

「批判」について

秀逸な記事に仕上がるためには厳しい批判の視点が必要です。ここで言う批判とはその記事をより良くするために行う指摘のことです。決して他人を攻撃することではありません。記事の内容に関して常に中立的な視点からコメントを行って下さい。お互いに敬意を払うことを忘れず、最低限の礼儀は守るようにして下さい。これらは建設的な議論を行うために必要なことです。

批判によって気分を害する人もいるかもしれません。しかし、その批判が意図することを冷静に受け止めて下さい。おそらくそれによってより良い記事に仕上がるはずです。こうして批判をくぐり抜けた質の高い記事が増えることで、ウィキペディア全体の質が向上することでしょう。


選考中の記事

現在時刻: 7月 6日 水曜日 22:57 (UTC) (キャッシュ破棄

ロジスティック写像ノート / 履歴 / ログ / リンク元

賛成/条件付賛成/保留/反対 0/1/0/0 この項目の選考期間は、2022年9月18日 (日) 10:44 (UTC)(2022年9月18日 (日) 19:44 (JST))までです。

  • (推薦)十分なところまで完成したと考えるので推薦します。元々この題材が入門的な位置付けでよく紹介されることもあり、重要語の説明をこの記事に含めながら、全体的に分かりやすく書いたつもりです。とはいえ、あくまでも数学の記事なので数式や用語は沢山出てくるので、人によってはどうしても読んでてダルいでしょうが。とりわけ導入部から最初の「定義と背景」節にかけては、慣れている人には冗長に感じるかもしれないぐらいのかみ砕いた説明で基礎事項を記述し、この題材を使って何をするのか・したいのかを、そういった人でもとりあえず分かるようにしているつもりです。--Yapparina会話) 2022年6月18日 (土) 10:44 (UTC)[返信]
  • コメント まだ4.普遍性の途中までしか読めていないですし、最後まで読める保証もないのですが、現時点で感じたことをざっくばらんに、メモ代わりに記しておきます。なお、私はライフサイエンス畑の人間で数学ができない人間であることをご承知おきください。
    • まず読んだ限りでは全般的に非常にわかりやすく、高校数学の知識があればおおよそ理解できるように書いてあるように感じました。数学系の記事は何を書いているのか諸学者が全く理解できないし理解させる気もなさそうな記事が多い中で、(おそらくできる人にはくどいくらいになりつつも)模範的なまとめられ方をしていると思います。
    • ファイル:ロジスティック写像2回反復グラフの周期倍化分岐の様子.pngで説明されている「xn+2xn の関係を表す曲線」についてはMay, 1976がそうしているように、定義域全体のグラフもあると良い気がしました。
    • 元々の発想がそうであったがために導入部や定義、「生物個体数モデルとしてのロジスティック写像」などで「離散型個体群モデル」としての側面にかなりの重きを置いているように感じますが、ライフサイエンス畑の人間としてはロジスティック方程式のように実在のデータとのフィッティングが試みられてきたのかが大変気になります。「メイ自身が思考実験的なモデルであって実在の自然現象を厳密にモデル化したものではないと考えている」という風に理解しましたが、実際のところっ無理矢理にでもフィッティングを試みた人はいないのでしょうか。あったとして掲載に値するかは別かもしれませんが。ロジスティック方程式を編集されていたYapparinaさんには釈迦に説法ですが、ご意見いただければと思います。
    • 細かい話ですが、a=4の節は階層を下げて「3.56994… < a ≦ 4 のとき」の下に置いた方が良いと思います。なぜそう考えるかというと理由が二つあって、一つにはカオス的振る舞いを見せるという点で、a=4は「3.56994… < a ≦ 4 のとき」の特殊解?に過ぎないのではないかと理解したためです。もう一つは細かいことですが、「3.56994… < a < 4 のとき」と言っておきながら「例えば a = 4 でロジスティック写像を計算すると」などとa=4の場合の話をしているのが微妙に気になるためです。
  • あまりまとまりがなく申し訳ないですが、参考になれば幸いです。できれば最後まで読んで改めてコメント/投票したいと思います。--Karasunoko会話) 2022年6月28日 (火) 14:54 (UTC)[返信]
  • レビューありがとうございます。
  • xn+2xn の関係の定義域全体のグラフについて)全体でうまく表現できるかどうかちょっと試してみます。
  • (データとのフィッティングについて)その辺りが気になるのはよくわかります。ただ、相当な量の文献を漁ってきたつもりですが、ロジスティック写像を現実の個体数変動データと比較したようなものは見当たりません。個体群ダイナミクスの専門書でもロジスティック写像は紹介されていますが、あくまでも離散時間モデルの基礎付けやカオス現象の紹介の流れで触れていることがほとんどで、生物個体数モデルとしてのロジスティック写像を実証的に検証した例はほとんどないんじゃないかなと思います。この辺については、フィッテイングした結果が豊富にあり、昔は人口予測に実際に応用もされていたロジスティック方程式とは、立ち入りが大きく異なるというのが自分の理解です。
  • (a=4節の階層について)a=4は、種々の特性が証明されているそれ以前よりも特別な場合なので、他の節と並列して独立させた節にしておきたいというのが私自身の考えです。「3.56994… < a < 4 のとき」と言っておきながら「例えば a = 4 でロジスティック写像を計算すると」などと書かれているというのは、まったくおっしゃるとおりです。例を置き換えれるかなどを検討してみます。--Yapparina会話) 2022年7月2日 (土) 00:54 (UTC)[返信]
コメント 一度通して読んだあと、もう一度確認している最中ですが、おそらくこれといった問題はまったくない記事なのだと思います。私もあらためてコメントしたいと思いますが、
  • この記事にかぎらない一般的な質問になってしまうのですが、導入部の、主題の定義文に xn+1 = axn(1 − xn) のような数式が出てくるのは問題ないのでしょうか。(追記:もうひとつ実際上の問題があるとすれば、グーグルのナレッジパネルは括弧を中身ごと省略して表示するので、現在この記事は「ロジスティック写像とは、xn+1 = axn という2次関数の差分方程式で定められた離散力学系である。」となってしまっています。)
  • 太字の強調を使うことの是非はさておき、「U系列」のような、太字で強調されながらその後記事中に出てこないものがある一方、頻出する「周期倍化分岐」「カスケード」などが太字になっていないのが(少し)気になりました。
  • 「定義と背景」節ですが、記事のタイトルに「写像」が含まれているので写像の概念をなるべく早く説明したほうが親切と思います。
  • 「まるでジャングルの中を探検するほどわくわくする内容」は打ち間違いがまじっているように思われます。
  • 「リーとヨークは、1973年に同論文で一度完成させていたが」は「同論文を一旦完成させていたが」のような趣旨でしょうか。
コメント ※細かい点をここへ追記します。
  • 「実は不動点 xf 1 = 0 と不動点 xf 2 = 1 − 1/a も、式 (3-4) を満たす。」の「実は」は例えば「当然だが」のようなニュアンスの表現に置き換えたほうがいいのではないでしょうか。実際すぐ下に「不動点と2周期点の4つの解をくくり出したとしても」というのがさらっと出てきています。
  • 図「a = 3.55 から a = 4 までのロジスティック写像の軌道図」ですが、画像はaではなくrを使っており、その点注釈しておくとよいとおもいます。
  • 「ロジスティック写像の分岐図を書くと、不動点 xf 1 = 0 を表す曲線と」の「曲線」は「直線」にしてもよいように思われます。
  • 「2つの初期値 x0^x0 がどれだけ近い値だとしても」のところですが、ハット記号はすぐ上のところで「写像を一回適用すると xf 2 に写る値を ^xf 2 と表記するとする。」として使われているので、別の記号を選んだ方がよいかもしれません。
  • 「ロジスティック写像は、系としての自由度あるいは次元は 1 である」のところは、「1変数の関数である」のようなものを真ん中に入れるとわかりやすくなると思います。
  • 「ファイゲンバウム・アトラクタを構成する点は、無限個でなおかつその濃度は実数と等しい」のところですが、「濃度」という言葉はその箇所以外では使われておらず、「非可算無限」に統一したほうがよいと思います。
  • 「容量次元でおよそ 0.54 であることが知られている」は、言いっぱなしになっている印象を受けました。0.54はどのような意味をもつのでしょうか。
コメント コメントします。
  • 「定義と背景」節では、出だしが中学生でもわかるような説明になっていて、大変よいとおもいます。「定義域とグラフ」節でも同様の試みができると考えます。ロジスティック写像は大学の入試問題としてよく使われているところ(使われていることの出典としては、このようなものが見つかりました)、たとえばこの問題(大阪大学、2004年)は同節の内容をほぼ受けきっているようです(と「振る舞い、パラメータ a による変化」節の一部、2周期点)。このような問題を引用ないし画像的引用することで、もう少しの間身近感を出していけると思います。
  • Karasunokoさんのご指摘にも関連しますが、コンピュータ方面の説明と資料揃えは他と比べて少し弱いかなと私も思いました。また、数値計算の仕組みと、それが初期値敏感性と密接に関連することの説明は、是非ともほしいです。たとえばですが、このような感じで。
    1. 「コンピュータを用いてデジタルにカオスを計算する一般的問題として、コンピュータでは有限計算精度で計算される」
    2. <固定小数点・浮動小数点方式の簡単な解説>
    3. (表現の範囲が有限であるため)「原理的に真に非周期の数列を得ることができない」
    4. 「a = 4 のロジスティック写像【も】、一部の値を除いてほとんどの初期値から始まる数列は非周期となるはずだが、実際にコンピュータで計算すると周期的な数列になる」
    5. 「計算途中で数値が不動点 0 や 0.75 に落ち入り、そのまま一定値になるおそれもある」
    6. 「擬似乱数生成のためには、できるだけ長い周期の数列が望ましい」
    7. <初期値敏感性への対処も重要である。式の形や計算の順序などによって結果がかわってくる>
    8. <解決策>
  • 「研究史」節ですが、デバニーの引用の前のどこかに現在の研究状況の要約がほしいです。例えば「カオスは物理学方面にも大きな衝撃を与えることとなる。」の直後にセクションの区切りを入れ、「ただし、カオス流行以前の研究成果が軽視され……」の前で説明するのはどうでしょうか(たとえばです)。
  • 参考意見となりますが、一方で、Karasunokoさんのご指摘のうち、特別な場合の厳密解の導出については、私は不要と思います。
私からは以上となります。
--たけとう会話) 2022年7月3日 (日) 03:18 (UTC) 補足 --たけとう会話) 2022年7月4日 (月) 03:55 (UTC)[返信]
--たけとう会話) 2022年7月4日 (月) 06:47 (UTC) 追加 --たけとう会話) 2022年7月6日 (水) 03:54 (UTC)[返信]
--たけとう会話) 2022年7月6日 (水) 03:54 (UTC)[返信]
  • 条件付賛成一通り読んだので投票します。上のコメントについて、グラフは「a=3(など)の時の全体図」&「元の拡大図」を意図していましたが、ちょっと説明不足でした。申し訳ありません。ただ、全体図のみでも良いかとは思います。
  1. チェック 高い完成度で文章や構成がよくまとめられている。(可能なら)図や画像や表なども使われ、説明を補助している。
    全体的な構成は先述の通りよくまとめられていると思います。また、図表が効果的に使用されており、理解の補助に役立っています。
  2. チェック 詳しくない読者にもその主題について理解できるように、わかりやすく書かれている。ただし、高度に専門的な主題を扱ったものであれば、関連記事を読んで理解していることを前提にするのは問題ない。
    §普遍性以降、特に§普遍性§応用がいささか難解に感じますが、数学の記事となるとある程度限界があるかと思います。現状でも概ね十分にわかりやすく説明されていると考えて良いと思います。
  3. 必ず説明されるべき点から主な関連事項までが含まれ、内容が充実している。ただし、どこまでを含むかは他の記事との連携・分担関係にもよる。
    §特別な場合の厳密解については導出が必要ではないでしょうか?必ずしも本文に記載する必要はなく、注釈で良いと思いますが、ロジスティック方程式からのロジスティック写像の導出が詳細に記されているのに比べると若干不親切な印象を受けます。もう一つ、§メイの研究以後にいきなり「スケーリングの法則」という単語が出現しますが、これがわかりません。なんのことを指しているのでしょうか。
  4. チェック 専門的な資料から関連資料に至るまで、主題についてよく調査されている。
    十分な文献が調査されているものと推定されます。
  5. チェック 観点の中立性が保たれている。
    そもそも中立性が問題になる主題とは思いません。
  6. 必要な出典が記事全体を通して十分に挙げられており、個々の記述の根拠が脚注や本文中で明らかにされている。特に、肯定的・否定的・主観的な表現については出典が付けられていることが望ましい。
    出典のない記述は見受けられないのですが、董, 2012の取り扱いについて再考の余地があると思います。この資料は学位論文ですが、en:Wikipedia:Reliable sourcesにも記載されているように、学位論文の取り扱いには注意が必要であり、差し替えが可能なら検討する必要性があると思います。ブルーバックスの様などちらかというと一般向けの文献と学位論文でどちらがより信頼性が高いかというと微妙なところではあるのですが、2022年7月2日 (土) 10:00 (UTC)版でいうところの引用番号321-324の様な記述は可能な限り他の文献を加える/差し替えるといった対応が望ましい様に思います。
  7. 以上の点が全て満たされている。
    上述の通り、いくつかの点において軽微な改善が必要と考えます。
以上、ご検討くださいませ。--Karasunoko会話) 2022年7月3日 (日) 04:59 (UTC)[返信]

若干追加--Karasunoko会話) 2022年7月3日 (日) 05:07 (UTC)[返信]

  • たけとうさんのコメントを受けての補足ですが、厳密解の導出は合理的に考えて不要と判断されるのであれば当然入れなくても構いません。条件付き賛成というと修正しないといけないみたいな雰囲気ですが、私の意図するところはminor revisionという意味合いです。あくまで素人の一意見として受け入れていただければと思います。逆に、冒頭、導入部の式はほとんど定義そのものといってもいいような重要な式と受け取っていますし、あった方がいいと思います。ましてやグーグルのナレッジパネルは外部の話ですから、ウィキペディア側で気にすることではないのでは?--Karasunoko会話) 2022年7月6日 (水) 15:25 (UTC)[返信]

男の娘ノート / 履歴 / ログ / リンク元

賛成/条件付賛成/保留/反対 1/0/0/0 この項目の選考期間は、2022年9月13日 (火) 10:53 (UTC)(2022年9月13日 (火) 19:53 (JST))までです。

  • (推薦)自薦です。2021年11月に良質な記事に選出されたもので、その後加筆と見直しをおこなってきました。私は主題について直接的にはあまり詳しくないのですが、成り立ちなど表層の面に関しては、集めた全ての資料が相互に補完し合っており、対立するところがありません。批評の面でも全ての資料が一点を指し示しており、全角度からその点に集中させるように構成しました。というわけで資料に書いてあるように書いております。先月ドイツで発行された書籍も確認しており、充分秀逸といえる記事になったと思いますので推薦します。なお概説的な資料は、2015年の佐伯順子・同志社大学教授「“男性差別”社会の癒やし:女装男子の歴史と現在」(NAID 40021144976)がありますが、その論稿を含む形で『ユリイカ』(ISBN 978-4791702947)の特集が組まれているため、最新の概説にはなっていません。--たけとう会話) 2022年6月13日 (月) 10:53 (UTC)[返信]
  • 出典として使用されている文献のうちアクセスできた下記の文献について、およそ100箇所ほど出典内容と記事記述との整合を確認しました。
    • 三橋順子 『女装と日本人』講談社〈講談社現代新書〉、2008年
    • 堀あきこ 『欲望のコード:マンガにみるセクシュアリティの男女差』臨川書店〈ビジュアル文化シリーズ〉、2009年
    • 一柳廣孝、久米依子 『ライトノベル・スタディーズ』青弓社、2013年
    • 斎藤環 『おたく神経サナトリウム』二見書房、2015年
    • 川本直 『「男の娘」たち』河出書房新社、2014年
    • 暮沢剛巳 『キャラクター文化入門』NTT出版、2010年
突合せ結果はおおよそ問題ないようですが、下記の点が引っかかりました。
  1. 暮沢 2010, p. 186.による「日本における女装文化の歴史は古く、トランスジェンダーなどの女装者ももともと存在していた[188]。」
    • 細かいようですが、ここは出典の記述に忠実に「日本における女装文化の歴史は古く、もともと多くの女装愛好者が存在していた。」ぐらいの書き方に留めるべきでは。トランスジェンダーという語は暮沢 2010, p. 186.には登場しておらず、トランスジェンダーという語のデリケートさを考えると安易にこの語でパラフレーズしない方が良いと思います。
  2. 川本 2014, p. 140.とKinsella 2020, pp. 46–47.による「川本(Kinsella)は、両誌(わぁい!)の三次元への配慮が、二次元と三次元のクロスオーバーを加速させたと分析している[174][238]。」
    • まず、「両誌」と書きながらカッコ書きでは(わぁい!)となっているのは単純な誤記のように思います。
    • 川本 2014, p. 140.の記述を文字通り読むと、「二次元と三次元をクロスオーバーさせた」の主語は、付録にニーソックスやブルマを付けた『おと☆娘』と述べているように思います。
    • 「川本(Kinsella)は…」のようにKinsellaの名がカッコ書きになっている理由がよくわかりません。
  3. 川本 2014, p. 135.による「コスプレ女装のクオリティは「男の娘」ブームの到来で大きく向上した[223]。 」
    • これも微妙なところですが、p. 135.あるいは次のページまで含めても「大きく向上した」とは書けないように思います。確かに暗に示されるニュアンスはそんな感じなんですが。川本 2014のこの辺りの箇所を元にするなら、「コスプレ女装のクオリティは「男の娘」ブームの到来で大きく変わった(川本 2014, pp. 135-136.)。」ぐらいの記述に留めるべきでは。
  4. 上記とは別の話ですが、図9のキャプションについて、できるならば対照的に「成年 女装/男の娘」「非成年 女装/男の娘」と書いた方が分かりやすいと思います。
--Yapparina会話) 2022年6月29日 (水) 14:12 (UTC)[返信]
返信 丁寧にご確認いただきありがとうございます。
  1. ご指摘のとおりですので、ご提案の表現に修正しました。
  2. ご指摘の一文を、とりあえずコメントアウトしております。
    • 再度資料を読み返したところ、確かに文字どおりの主語を読み間違えておりました。ただ実際には『わぁい!』もそういったものを付録につけており、主語を資料どおり『おと☆娘』に狭めてしまうと、記事の読者に対し『わぁい!』だけは影響を与えなかったかのような印象を与えてしまうかもしれないと思いますので、単純に主語を変えるという対応は避けたいと思います。
    • 「単純な誤記のように思います。」「Kinsellaの名がカッコ書きになっている理由がよくわかりません。」というご指摘のところは、(Kinsella 2020, pp. 46-47.)が『わぁい!』(と『オトコノコ倶楽部』)に関してニュアンス的には(川本 2014)と同じようなことを言っており、ふたつを「川本(Kinsella)は、両誌(わぁい!)の……」という表現でまとめていました。ただ、3点目の「ニュアンス」というご指摘も踏まえ、主語の問題を抜きにしてもあまりよくなかったと思いました。
    • 上の主語の問題とあわせて、「川本は『おと☆娘』が二次元と三次元のクロスオーバーを加速させたと分析しており(川本 2014, p. 140.)、Kinsellaは二次元から三次元へと移行していく動きが『わぁい!』などに見られたと報告している(Kinsella 2020, pp. 46-47.)。」のような表現が思い浮かびます。
  3. ご提案の表現に修正しました。脚注のページ番号を打ち間違えており、失礼いたしました。
  4. ご提案の表現に修正しました。
--たけとう会話) 2022年6月30日 (木) 08:33 (UTC)[返信]
コメント 第2点目に関し、コメントアウトしていたところを大体上のように修正しました(ついでに少し組み替えました)。Kinsella氏の論文のうち以下の部分を出典としています。
Otoko no ko fun Club (Otoko no ko [kurabu]), launched in 2009 by Sanwa, was [...]. In April 2010, another new magazine titled Wow! (Waai!) was launched by publisher [Ichijinsha], and it continued until 2014. [...] In these otoko no ko magazines can be seen the mixing of two-dimensional characters and three-dimensional models and actors of those characters, along with the general movement from characters to living model. — Kinsella 2020, pp. 46-47.
--たけとう会話) 2022年6月30日 (木) 13:02 (UTC)[返信]
ご対応ありがとうございます。今度は、ウェブ上でフリーアクセスできる論文の出典2つ
  • 三橋順子「「男の娘(おとこのこ)」なるもの:その今と昔・性別認識を考える」『日本文化研究』第10号、駒沢女子大学日本文化研究所、2013年3月、 61-83頁
  • 石井由香理「トランスジェンダーとクロスドレッサーの性の商業化と現状について」『人文学報』第513巻第1号、首都大学東京人文科学研究科、2017年3月17日、 11-34頁
と、ウェブページの出典全てを確認しました。三橋 2013はインターネットアーカイブされている方で確認しています。
全ての脚注において突合せにおおむね問題ありませんでしたが、「図7:成人自殺者の男女比率」について。厚生労働省 2016, p. 19.によると、成人自殺者の男女比率は69.3%対30.7%で、総自殺者の男女比率が69.4%対30.6%です。記事では、キャプションが成人自殺者男女比率と示しているのに対して、数値は出典の総自殺者男女比率を示しているようです。--Yapparina会話) 2022年7月2日 (土) 05:05 (UTC)[返信]
「成人自殺者の男女比率」のご指摘、ありがとうございました。グラフの数値をキャプションに合わせ、69.3%対30.7%に修正しました。--たけとう会話) 2022年7月3日 (日) 00:00 (UTC)[返信]
(賛成):たびたび修正ありがとうございます。わたしとしては記事に変更を求めるほどの懸念点はなくなりましたので賛成します。--Yapparina会話) 2022年7月3日 (日) 00:44 (UTC)[返信]

選考終了後の処理

通過した場合

  1. 選考サブページに選考通過の旨を記入します。
  2. Wikipedia:秀逸な記事の選考(このページ)冒頭で通過をアナウンスし、選考通過予定のアナウンスは除去し、選考サブページも除去します。
  3. 当該項目のノート先頭の{{秀逸候補}}を除去し、{{選考審査の記録}}を付けて結果を記入します。すでに{{選考審査の記録}}がつけられている場合は結果を追記します。詳しい使用方法は{{選考審査の記録}}の説明を確認ください。
  4. 当該項目の記事本文に{{Featured article}}というテンプレートを配置します。これにより秀逸な記事の右上隅にその証である小さな星(Cscr-featured.svg)が表示されます。 {{Featured article}}を設置する場所はデフォルトソートの直上が好まれています。Blue star boxed.svg {{Good article}}があれば取り除いて下さい。
  5. Wikipedia:秀逸な記事に当該項目を追加します。
  6. Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考結果リストに当該項目の選考サブページへのリンクを追加します。
  7. 当該項目が良質な記事であった場合、良質な記事のリストより秀逸な記事となった記事を除去します。(数字の変更も必ずしてください)また、Wikipedia:良質ピックアップから当該記事要約を除去し、{{良質スケジュール}}を解説サブページに書いてある通りに調節します。
  8. Template:最近のウィキペディアで新しく秀逸入りしたことを告知します。
  9. Template:選考中の記事・画像一覧から当該選考の告知を取り除きます。
  10. [[Wikipedia:秀逸ピックアップ/記事名]]を作成します。(メインページに選り抜き記事として紹介される文章です。)
  11. Wikipedia:秀逸ピックアップに作成した[[Wikipedia:秀逸ピックアップ/記事名]]を追加します。
  12. Template:秀逸スケジュールに通過した記事を追加します。秀逸入りした記事はタイミングを計ってTemplate:秀逸スケジュールの調整用数字の変更により調整してメインページ掲載に出来ます。その際には翌日の同じ時刻に本来の掲載順に戻す事を忘れないで下さい。Template:秀逸スケジュールを変更する場合は最初に[キャッシュ破棄]していないと上手くいかないことがあります。
  13. ウィキデータにおける記事のSitelinkにFeatured articleバッジを割り当てます。

以上の作業を行う順番は必ずしも上から順に行う必要はありませんが、Template:秀逸スケジュールの変更に関してはタイミングは考慮して下さい。

通過せず選考終了の場合

  1. 選考サブページに選考不通過の旨を記入します。
  2. Wikipedia:秀逸な記事の選考(このページ)冒頭にその選考に関するアナウンスがあれば除去し、選考サブページを除去します。
  3. Template:選考中の記事・画像一覧から告知を取除きます。
  4. 当該項目のノート先頭の{{秀逸候補}}を除去し、{{選考審査の記録}}を付けて結果を記入します。すでに{{選考審査の記録}}がつけられている場合は結果を追記します。詳しい使用方法は{{選考審査の記録}}の説明を確認ください。
  5. Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考結果リスト に当該項目の選考サブページへのリンクを追加します。

改善されたと思ったなら何度でも推薦できます。

再選考

秀逸な記事に既に選ばれているものの中で、「これはおかしいのでは?」と思うものがある場合、秀逸な記事の再選考で再選考を行うことができます。

関連項目