英文维基 | 中文维基 | 日文维基

草榴社区 | 妖娆社区 | 激情小说 | 激情视频 | 色小鬼影视

コロンビアにおけるカバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コロンビアにおけるカバでは、コロンビアにおけるカバ繁殖問題について記す。 1980年代、コロンビアの「麻薬王」であるパブロ・エスコバルは、自身の別荘地に動物園を作るため、アフリカから4頭のカバを輸入した[1]。エスコバルの死後、私設動物園に放置されたカバは逃走し、野生化した[1]環境省英語版大臣のカルロス・エドゥアルド・コレアスペイン語版コロンビア国立大学フンボルト研究所英語版の調査結果を元に「対策を講じない場合、2030年までに400頭に増える。保護地区や野生のカピバラマナティーなどの在来の動植物に影響を与え、マグダレナ川沿い人々に危険が及ぶ可能性がある」として危機感を露わにし、カバを特定外来種に指定する検討を行っている[2]。日本語では、これらのカバは「麻薬王のカバ[3]」や、「コカイン・カバ[4]」などと呼ばれている。

歴史[編集]

1970年にメデジン・カルテルを創設し、当時世界最大の麻薬組織を作り上げたパブロ・エスコバルは、1980年代、世界中から珍しい生物をコロンビアに密輸し、首都ボゴタから北西約250㎞の場所にある彼の豪邸敷地内に私設動物園(アシエンダ・ナポレス)を建設した[5][6]。その中にアフリカから輸入された4頭のカバが含まれていた[3]。1993年にエスコバルが銃殺されると彼の資産は差し押さえられ、私設動物園にいた多くの動物は国内の動物園などに売却されたが、4頭のカバだけが放置された[5]。コロンビアの生物学者ナタリー・カステルブランコは、BBCの取材に対し「カバの大きさの問題で移動が困難だったため、自然に死ぬだろうとして放置したのではないか」と推測している[5]。しかし、その予想は裏切られ、動物園から逃げ出したカバは繁殖を続けた[2]。2007年までに、カバは16頭に増え、近くのマグダレナ川の餌を求めて川の周辺を徘徊していた[7][8]。2014年には、アンティオキア県内に40頭のカバがいるとの報告がなされた[9]

BBCの2021年2月11日の報道によれば、コロンビア各地の水路に80〜120頭のカバが生息していると推計されており、このまま放置した場合、2039年には1400頭に増えると考えられている[6]。干ばつが無く、外敵もいない南米の環境はカバにとって理想的で、個体数の増加スピードはアフリカよりも早く、より早い年齢で繁殖することも判明している[6][10]。コロンビアのカバは、すでにアフリカ外の生息数としては最大となっている[6]

影響[編集]

在来動植物に対する影響[編集]

外来種のカバがこのままコロンビア内で増加した場合、地域の生態系に様々な悪影響を与えると考えられている[5]。植物を大量に消費し、西インドマナティーメガネカイマンカワウソなどの在来種を追い出す可能性がある[11][12][13]マグダレナ川流域にしか生息していない魚や、ダールカエルガメマグダレナヨコクビガメといった絶滅危惧種が絶滅してしまう可能性も指摘されている[5][14]。その他、カバの排泄物が水路の化学成分を変え、漁業に影響を与える可能性もある[5]。2020年に行われた調査では、カバが生息するコロンビアの湖では栄養素のレベルとシアノバクテリアが増加していることが発見された[12][13]。シアノバクテリアは、有毒な藻類の異常発生や水生動物の死滅といった問題を引き起こす可能性がある[12][13]

一方でカバたちは地域の環境に良い影響を与える可能性があると主張している研究者も存在しており、カバが水に与える新しい栄養素や、時折発生する魚殺しは全体的に良いことであると主張されている[12]。しかし、これはカバたちの母国であるアフリカでの研究に基づいており、コロンビアでの研究に基づいているわけではない[15]。なお、コロンビアのカバは、先史時代に絶滅したトクソドンのような種に取って代わる種である可能性があり、「更新世再野生化プロジェクト」の一部であることが指摘されているが[12]、そもそもプロジェクト自体が物議を醸している[16]。また、コロンビアのカバは、アフリカのカバが直面する脅威から隔離されており、安全な集団として、現地のエコツーリズムに役立つということも指摘されている[12]

人類に対する影響[編集]

体重が5トンにも達する巨大カバが増えることによる人的被害に関する懸念も挙げられている[5]。2017年時点では、カバによって人が殺されたという事例は確認されていない[17]。しかし2020年には、カバが農家を追いかけ、重症を負わせるという事件があり、カバの増加について研究が行われた[18]

対策[編集]

カバの個体数増加に対する対策は多数検討されたものの、ほとんどが未承認か、高価で実施困難な方法であった[19]。2017年には野生のオスのカバが捕獲されて去勢を行った上で、再び野生に放されたものの、約5万米ドルもの費用がかかった例もある[19]。 カバの数が急増しているため、保全活動家は、迅速に駆除計画を作る必要があると主張している[11][20]。個体数増加による様々な影響を鑑み、2021年、アメリカ合衆国農務省より性ホルモンの分泌を抑制し、繁殖できなくするGonaConと呼ばれる避妊薬55回分(70回とも[5])の寄贈を受けたコロンビア政府は、同薬によるカバの不妊化対応を試みていることが発表された[5][21]

また、特定外来種への指定が検討されることが示唆されたことによるカバの殺処分を危惧し、反発の声もあがっている[2]。世界カバの日にあたる2022年2月25日にはオンライン署名サイトにおいて、コロンビアのカバが殺処分されるリスクがあることについての呼びかけがSNSなどを通じて行われた[22]。こうした声を受けてコロンビアの政治家ルイス・ゴメスは、Twitterを通じて、カバの描かれたボードを掲げつつ我々はカバを守りたいのだという主旨の投稿を行った[2][23]。ゴメスは殺処分以外の具体的な対策として、外科手術や不妊薬投与による避妊去勢、輸送、柵で囲む、企業からの資金援助といった案を挙げている[2]

コロンビアのカバを題材とした作品[編集]

2013年、ナショナルジオグラフィックチャンネルは、コロンビアのカバに関するドキュメンタリーである『コカイン・カバ(英:Cocaine Hippos)』を制作した[24]。 2020年にはNetflixにおいてパブロ・エスコバルのカバを題材としたコメディ作品『Cocaine Hippos』の製作が発表された[25]。Netflixは2015年にパブロ・エスコバルついて描いたオリジナルドラマ『ナルコス』も放送している[25]。その他、Amazonプライムで放送されている『グランド・ツアー』の第3期で出演者たちは、カバを含むコロンビアの野生動物の写真を撮りに、コロンビアへ行った[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 松尾彩香 (2021年10月22日). “「麻薬王のカバ」VS コロンビア 新しい避妊薬で繁殖阻止できるか?”. WORLD VOICE. 株式会社CCCメディアハウス. 2022年6月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e 松尾彩香 (2022年2月21日). “コロンビアで大繁殖のカバ、特定外来種リスト入り間近”. WORLD VOICE. 株式会社CCCメディアハウス. 2022年6月21日閲覧。
  3. ^ a b 増えすぎた「麻薬王のカバ」、ダーツで避妊薬投与 コロンビア” (日本語). CNN.co.jp (2021年10月19日). 2022年6月19日閲覧。
  4. ^ 麻薬王がのこした「コカイン・カバ」 自然環境に貢献?” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年6月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i コロンビアの“麻薬王”の残したカバが大量繁殖──困った政府の取った驚きの行動とは”. クーリエ・ジャポン. 講談社 (2021年10月21日). 2022年6月21日閲覧。
  6. ^ a b c d Fernando Duarte (2021年2月11日). “Pablo Escobar: Why scientists want to kill Colombia's hippos”. BBC News. BBC. 2022年6月21日閲覧。
  7. ^ Kraul, Chris (2006年12月20日). “A hippo critical situation”. Los Angeles Times. オリジナルの2015年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150324015829/http://www.latimes.com/la-fg-hippos20dec20-story.html 2008年3月27日閲覧。 
  8. ^ “Colombia kills drug baron hippo”. BBC News. (2009年7月11日). オリジナルの2015年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150105105021/http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/8145676.stm 2009年7月11日閲覧。 
  9. ^ “Hipopótamos bravos”. El Espectador. (2014年6月24日). オリジナルの2014年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140509133359/https://www.elespectador.com/opinion/editorial/hipopotamos-bravos-articulo-487824/ 2014年6月28日閲覧。  translation at Google Translate
  10. ^ “Pablo Escobar’s hippos: A growing problem” (英語). BBC News. (2014年6月25日). https://www.bbc.com/news/magazine-27905743 2021年2月23日閲覧。 
  11. ^ a b “En 10 años Colombia tendrá 150 hipopótamos”. Semana Sostenible. (2019年12月2日). https://sostenibilidad.semana.com/medio-ambiente/articulo/en-10-anos-en-colombia-habra-150-hipopotamos/47839 2020年2月10日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f Wilcox (2020年1月31日). “Could Pablo Escobar's Escaped Hippos Help the Environment?”. National Geographic. 2020年2月11日閲覧。
  13. ^ a b c Shurin, J.B.; N.A. Riaño; D.D. Negro; D.E. Lopez; N.T. Jones; O. Laverd-R.; A. Neu; A.P. Ramos (2020). “Ecosystem effects of the world's largest invasive animal”. Ecology 101 (5): e02991. doi:10.1002/ecy.2991. PMID 31994172. 
  14. ^ Maldonado-Ocampo, J.A.; Vari, R.P.; Usma, J.S. (2008). “Checklist of the Freshwater Fishes of Colombia”. Biota Colombiana 9 (2): 143–237. 
  15. ^ Dutton, C.L.; A.L. Subalusky; S.K. Hamilton; E.J. Rosi; D.M. Post (2018). “Organic matter loading by hippopotami causes subsidy overload resulting in downstream hypoxia and fish kills”. Nature Communications 9 (1): 1951. Bibcode2018NatCo...9.1951D. doi:10.1038/s41467-018-04391-6. PMC 5956076. PMID 29769538. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5956076/. 
  16. ^ Rubenstein, D.R.; D.I. Rubenstein; P.W. Sherman; T.A. Gavin (2006). “Pleistocene Park: Does re-wilding North America represent sound conservation for the 21st century?”. Biological Conservation 132 (2): 232–238. doi:10.1016/j.biocon.2006.04.003. 
  17. ^ Nagvekar (2017年3月8日). “Zoo Gone Wild: After Escobar, Colombia Faces His Hippos”. The Politic. 2017年8月25日閲覧。
  18. ^ Fear and love surround Escobar's hippos thriving in Colombia” (英語). ABC News. 2021年2月20日閲覧。
  19. ^ a b Nagvekar (2017年3月8日). “Zoo Gone Wild: After Escobar, Colombia Faces His Hippos”. The Politic. 2017年8月25日閲覧。
  20. ^ University of California, San Diego (2020年1月29日). “Drug lord's hippos make their mark on foreign ecosystem”. EurekAlert. 2020年2月10日閲覧。
  21. ^ Pablo Escobar: Colombia sterilises drug lord's hippos”. BBC. BBC. 2021年10月16日閲覧。
  22. ^ Hipopótamos Colombianos en riesgo de ser asesinados”. change.org (2021年10月22日). 2022年6月21日閲覧。
  23. ^ ルイス・ゴメスによる該当のツイート
  24. ^ The Invaders: Cocaine Hippos”. National Geographic Channel. 2013年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月21日閲覧。
  25. ^ a b TABI LABO編集部 (2020年2月27日). “「Netflix」が「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディの製作へ”. TABI LABO. NEW STANDARD株式会社. 2022年7月1日閲覧。
  26. ^ 'The Grand Tour' Finds Cocaine Hippos In Colombia” (2019年1月31日). 2022年2月8日閲覧。

関連項目[編集]